山口県CT研究会 Yamaguchi Sosiety for the Study of CT

山口県CT研究会
Yamaguchi Sosiety for the Study of CT

2018年6月23日(土)、山口大学医学部附属病院において標記講習会を開催しました。

医療機関での患者の過剰な医療被曝を防ぐため、厚生労働省は線量の記録や医療従事者向けの研修などを義務付け、放射線を使った診療の安全対策を強化する。

厚生労働省は2月13日、造影剤のイオヘキソールとイオメプロールに、「急性汎発性発疹性膿疱症」の副作用が分かったとして、医療機関に注意を呼び掛けています。

2015年6月7日、放射線検査の診断参考レベルが医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)より正式に発表されました。
*J-RIME:医療放射線防護関連学会・国立機関・大学・職能団体・医療施設・行政機関等による連合組織

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための法律の整備に関する法律案(医療・介護制度改正の一括法案)が平成26年6月18日に成立し、25日に公布されました。

ページの先頭へ